記事一覧

地域包括支援センター職員研修実施報告

さる9月11日(金)、旭川市民文化会館にて地域包括支援センター職員研修を開催し、34名の方の参加がありました。
当日は、旭川市社会福祉協議会の松林邦昭氏を講師としてお迎えし、講義「評価シートの概要と活用法について」と演習を行いました。演習では「個別の事例から地域の仕組みづくりを考える」と題し、グループワークにより「地域のニーズを把握する方法」、「地域ケア会議を開催するための地域での基盤づくり」、「地域の福祉力の向上」等について考えました。演習を通し、「地域包括ケアシステム」を構築する際の地域へのアプローチ方法や専門職としての必要な視点の気づきにもつながりました。
地域包括支援センター職員を対象とした研修としては、今年度中に、「高齢者虐待」に関する研修を予定しておりますので、ぜひご参加をお願いいたします。

※掲載が遅くなりましたことをお詫びいたします。

若年層会員向け研修「職場・地域の若手に呼びかけて!先輩・若手で大交流会」実施報告

さる8月29日(土)、旭川市ときわ市民ホールにおいて、「職場・地域の若手に呼びかけて!先輩・若手で大交流会」を開催しました。
今回の企画は、道北地区支部の若手幹事・会員が中心となり、参加対象を「青年」として企画運営致しました。参加者と役員合わせて17名での実施となり、「日ごろの悩みなどを共有する」ことをテーマとし、グループワークを行ったほか、山口支部長から、地区支部を中心とした社会福祉士会の紹介などをしていただきました。
各グループによって、訪問面接時の対応の仕方、他機関との連携に関する悩み、家族支援に関する悩みなど、それぞれの分野における悩みごとが共有できる勉強会になり、参加された方には参考になったものと思われます。
勉強会終了後には会場を移し懇親会が行われ、夜遅くまで職種や世代を超えて交流が行われました。
今後の開催については、当日に実施したアンケートの結果から「若手中心の学習会」「悩み相談の場」「虐待に関する研修」「事例検討」「先輩方との交流」などの希望があったことを加味した上で、今後も若手幹事を中心として企画・運営を行い、地区支部の活性化につながればと考えております。各企画の実施に当たりましては、先輩方の応援も賜りますようよろしくお願いいたします。

ファイル 177-1.jpg
当日の様子

※掲載が遅くなりましたことをお詫びいたします。

上川中部ブロック活動『ワーカーズ・サロン』実施報告

道北地区支部としては上川中部ブロック活動として位置づけている『ワーカーズ・サロン』ですが、さる8月27日に、旭川市の多機能型事業所ファブリカにて実施いたしました。第18回となる今回は、今年度よりこれまでの『北海道医療ソーシャルワーカー協会北支部』『北海道精神保健福祉士協会道北ブロック』『北海道社会福祉士会道北地区支部』の3団体に加え、『北海道介護福祉士会道北支部会』を合わせ、4団体での開催となることに伴い、新たな仲間も加わったことから、まずは『各職能団体の紹介・顔の見える連携』というテーマで、当地区支部からは山口昌宏支部長にお話しいただくとともに、各団体からも支部長や活動部長、ブロック理事の方々に、会の活動状況や組織の内容などをお話しいただきました。その後、ワールドカフェ方式でグループワークを行い、日々の業務内容を振り返り、専門性に基づいた利用者に関る支援や、現場での共通した楽しみなど、提供した焼きたてのパンをつまみながら、明るい雰囲気で話をすることが出来ました。
今回は43名の方が参加され、福祉に関る様々な職種の方と顔の見える繋がりを持つことが出来ました。
地域包括ケアが進められているこの時代、職能を超えた連携の必要性はますます高まってきます。今後もワーカーズ・サロンの取り組みは継続していく予定ですので、ぜひご参加ください。

※掲載が遅くなりましたことをお詫びいたします。

2015年度道北地区支部春季セミナー実施報告

さる5月23日(土)、旭川市市民活動交流センターCoCoDeにて2015年度の春季セミナーを実施し、43名の参加がありました。
今回の春季セミナーでは、生活困窮者自立支援事業の概要と生活困窮者への支援の取り組みについて、旭川市福祉保険部生活支援課の大滝いずみ氏にご講演をいただきました。
今年4月から生活困窮者自立支援法が施行され、各自治体において生活困窮者に対する支援が求められるようになりました。旭川市では2013年度から2年間にわたり生活困窮者自立促進支援モデル事業を実施していくなかで、旭川市の現状に即した事業の内容を模索し、旭川市自立サポートセンターを開設し、就労に向けた各種支援策も含め支援対象者に合わせた伴走型の支援に取り組んでいます。講演の中では、生活困窮者を取り巻く現状や生活困窮者自立支援制度の概要、また旭川市で取り組んできたモデル事業の現在に至るまでの経緯から、どのような支援を行っているのかという現状などを中心にお話しいただきました。
現に困窮しているが、既存の制度の枠に入らなかったり、制度の狭間にいる人を支援する、これまでにない制度ということで、なおかつ実効性を伴う内容にしようと、いろいろと模索されたお話や、対象者の就労に向けた支援の概要などを詳しくお話しいただき、生活困窮に至るケースには様々な要因があり、それぞれケースにあった支援策を検討していかないとならず、内容によっては各種関係機関との連携を図っていかなければならないケースなど、多様な対応が求められることがわかりました。
講演後には参加者との積極的な意見交換が行われました。生活困窮に関する参加者の関心はかなり高いようで、次々と発言があり、質問があったり意見交換をされておりました。

ファイル 175-1.jpg
講師の大滝いずみ氏

ファイル 175-2.jpg
セミナーの様子

※掲載が遅くなりましたことをお詫びいたします。

「地域包括支援センター職員研修~地域づくりを考える~」のご案内について

標記研修会につきましては、地域包括支援センターの職員や市町村職員等の関係者を主な対象として、9月11日(金)に旭川市で実施いたします。道北地区の各地域包括支援センターにはすでに案内文を発送いたしております。
詳細につきましては、掲載した案内文及び開催案内のファイルをご覧ください。

案内文のファイルです。
ファイル 174-1.pdf
(PDF)

開催案内・プログラムのファイルです。
ファイル 174-2.pdf
(PDF)

申し込み用紙のファイルです。
ファイル 174-3.pdf
(PDF)

「職場・地域の若手に呼びかけて!先輩・若手で大交流会」のお知らせ

※申し込みの締め切りを8月21日(金)まで延長いたしました。この機会に是非ご参加ください。

道北地区支部では今年度新規に、主に若年層や経験年数が少ない方を対象として、社会福祉士の活動を改めて学ぶ勉強会や、他分野他機関を含めたベテランの社会福祉士との交流を深める懇親会を企画いたしました。
来る8月29日(土)に旭川市において開催いたします。
なかなか知り合う機会の少ない他分野他機関の先輩方と交流を深め、横の関係を作ることができる貴重な機会ですので、是非勉強会・懇親会とも万障お繰り合わせの上、ご参加をいただければと思います。
なお、この勉強会・懇親会は社会福祉士会会員でない社会福祉士の方も参加が可能ですので、会員非会員問わず、積極的にご参加ください。
内容等詳細は次の案内文をご覧ください。

案内文・申込書
ファイル 173-1.pdf
(PDFファイル)

入力用申込書
ファイル 173-2.doc
(ワードファイル)

交流事業「ワーカーズ・サロン」(上川中部地区ブロック活動)のお知らせ

上川中部地区ブロックにおいて、北海道医療ソーシャルワーカー協会北支部などと連携し、研鑽・交流の場となることを目的に2010年度から実施している「ワーカーズ・サロン」ですが、介護福祉士会も加わった今年度最初となる次回の開催案内についてお知らせいたします(社会福祉士会においては上川中部地区ブロック活動としての位置づけ)。主に上川中部地区の会員を対象としておりますが、同エリアの未入会の社会福祉士の方の参加についても歓迎いたしますので、対象となる方はぜひご参加ください。
(今回別の案内文の送付があった関係で、道北地区支部の全ブロックの会員さんに本案内が同封されております。他ブロックの方もよろしければ是非ご参加ください。)

次回は8月27日(木)に19:00~20:30の予定で開催されます。今回のテーマは「各職能団体の紹介・顔の見える連携」です。詳細につきましては、添付したPDFファイルをご覧ください。

ファイル 172-1.pdf
(PDFファイル)

ケアマネジャー受験対策講座のお知らせ

当地区支部主催ではないのですが、標記講座が道北地区で開催される旨の情報が寄せられましたのでお知らせいたします。
一般社団法人北海道介護支援専門員協会の主催により、8月22日(土)に旭川市にてケアマネジャー受験対策講座が開催されます。講師は、北海道社会福祉士会の3代目会長でもありました、奥田龍人氏となっております。
ケアマネジャー試験の受験を考えられている方で興味のある方は、添付ファイルをご覧の上、申込先まで直接お申し込みください。

ファイル 171-1.pdf
(PDFファイル)

2015年度道北地区支部春季セミナーのお知らせ

道北地区支部では、5月23日に春季セミナーを実施いたしますのでご案内いたします。未入会(非会員)の社会福祉士の方もご参加いただけますので、ぜひご参加ください。なお、会員の方につきましては支部全体会のご案内等もありますので、会員専用ページをご覧ください。

【日程】
2015年5月23日(土)
春季セミナー               13:30〜15:30
「生活困窮者自立支援事業の概要と生活困窮者への支援の取り組みについて」
  講師  旭川市福祉保険部生活支援課 大滝 いずみ 氏
支部全体会(総会)           (道北地区支部会員のみ対象となります)
道北地区支部の会員相互による意見交換 (  〃  )
懇親会                  18:30〜

【場所】
旭川市市民活動交流センターCoCoDe (旭川市宮前1条3丁目)
 2階 会議・研修室

【参加費】
無料

未入会(非会員)の方で参加を希望される方は、特に事前のお申し込みは必要ありません(当日受付いたします)ので、当日会場に直接お越しください。詳細につきましては案内文をご覧ください。
セミナー終了後、会費3,500円程度で懇親会を予定しておりますので、こちらについてもぜひご参加ください(こちらは事前のお申し込みが必要ですので案内文をご覧ください)。

↓春季セミナーの案内文はこちらです。
ファイル 170-1.pdf
(PDF)

第13回高齢者障害者の権利擁護セミナー実施報告

さる2月28日(土)、旭川市大雪クリスタルホール大会議室において、旭川弁護士会高齢者障害者権利委員会、成年後見センター・リーガルサポート旭川支部、日本司法支援センター旭川地方事務所(法テラス旭川)、当地区支部の4団体共催にて、第13回高齢者障害者の権利擁護セミナーを開催いたしました。
今回のセミナーは、「地域で暮らすための成年後見制度~動き始めた市民後見~」をテーマとし、制度説明と座談会を行いました。
最初に、旭川家庭裁判所の訟廷管理官である鈴木啓司氏より、「成年後見制度について」と題して制度説明をしていただきました。成年後見制度の概要等について、分かりやすくお話ししていただきました。
座談会「心に寄り添う成年後見」では、たいせつ法律事務所弁護士飯塚正浩氏、上村合同事務所司法書士上村修一郎氏、医療法人社団はらだ病院医療福祉相談室社会福祉士山田純一氏、旭川成年後見支援センターセンター長松林邦昭氏(社会福祉士)の各専門職の方々と、親族後見人の立場として久保文代氏の計5名の方にご登壇いただき、各種事例等を交え、成年後見制度、市民後見の仕組みや市民後見の状況等についてお話しをいただき、盛会のうちに無事終了することが出来ました。
今回のセミナーには130名という多数の方の参加をいただきました。今後も、他の職能団体の方々と協力し、成年後見制度をはじめとした高齢者や障害者の方々の権利擁護活動を進めていくとともに、引き続き普及・啓発活動も続けていきたいと考えております。

ファイル 169-1.jpg
旭川家庭裁判所訟廷管理官 鈴木啓司氏による制度説明

ファイル 169-2.jpg
座談会の様子